通学と合宿の違い

運転免許を取得するには家の近所にある自動車学校に通学する場合と合宿免許で手早く取る場合があります。この違いはどのようになっているのでしょうか。

まず、免許取得の日数が違います。合宿免許では普通車で最短13日、中型免許で最短8日、大型免許最短7日、けん引免許最短6日、大型特殊で最短4日、普通自動二輪で最短8日、大型自動二輪で最短6日、小型自動二輪で最短5日、中型二輪で最短6日ですが、この日数は最短もので、追加で教習になったり、再試験になったりする場合もあります。そのような時は当然、もっと日数が長くなるのですが、自動車学校に通うよりは早く免許が取れるでしょう。それに、集中して教習を受けることが出来ますので、上達も早いと言われています。通いの場合ですと、家に帰れば、他に色々なことがあるでしょうから、運転の事のみに集中は出来ませんから、大きな違いと言えるでしょう。

また。スケジュール管理が楽なのも合宿免許の特徴です。教習所の方で組み込まれたスケジュールがありますので、自分で組み立てるという事はしなくて良いのが、面倒くさがり屋の人には楽でしょう。そうでなくても、通いの場合はなかなか希望通りに授業が取れなくて、困ると言う声をよく聞きますし、学生であれば、学校やバイトとの兼ね合いが大変でしょうし、会社員や主婦も時間が限られていますから、なかなか希望通りにはならないようです。こういったことで、比較しますとやはり、合宿免許はお金の面でもお得ですし、旅行気分が嬉しいものです。うまく日にちを空けて合宿免許を申し込むと良いでしょう。